毛穴の汚れや黒ずみをケアすることも大切と認識しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

毛穴の汚れと紫外線対策でくすみ対策

毛穴の汚れが老廃物

くすみや黒ずみの原因となるもののひとつに、顔の毛穴に汚れが詰まっているといった場合があります。 この毛穴の汚れが、老廃物という場合もあります。 これがニキビや肌のくすみを引き起こす原因となってしまいます。 つまり、毛穴に詰まった汚れは、きちんとケアして綺麗に洗い流してあげることが大事なのです。

クレンジングをしているのに、毛穴の汚れや黒ずみが気になるということはありませんか。 それは毛穴のくすみといったことになるのかもしれません。 もし毛穴のくすみということでしたら、早急な対策を取った方が良いと感じます。 毛穴のくすみは30歳を超えたくらいから、少しずつ目に見えてくるようになり、次第に目立ってきます。

皮脂や汚れは放置するととんでもないことに

これは紫外線や年を重ねることが原因となり、肌のハリや弾力が失われてしまうからだと考えられています。 小鼻の脇の部分や頬の毛穴は、特にくすみが目立ちやすいです。 皮膚もたるみやすくなりますので、こうしたことが原因となって影となり、くすみとして表沙汰になるのです。 また毛穴に古い角質や埃、アクネ菌などが貯まる場合があります。 それらが皮脂と混ざり合って酸化することにより、黒ずんで見えてしまうのです。

つまり、皮脂や汚れは放置するととんでもないことになります。 こうした毛穴のくすみ対策は何をしたらよいのかといいますと、まずは肌の乾燥を防ぐことです。 綺麗にすることが大事だからと、必要以上の洗顔をするのは間違いです。 その他の対策として挙げられるのは、保湿をしっかりすることです。 皮脂の過剰分泌を抑えることができます。 もしパックをしましたら、毛穴が開いた状態で終わりにしないようにしてください。 必ず毛穴の引き締めをしましょう。 毛穴のくすみはきちんとした対策で改善することが可能です。 根気強く試してみてください。

紫外線

くすみの原因として、よく挙げられるものに「紫外線」があります。 肌に紫外線を浴びることにより、肌の基底層部分にあるメラノサイトという場所で メラニン色素が作成されてしまいます。 これが、いわゆる”シミ”と呼ばれるものの元になる物質です。 紫外線を浴びることによって発生してしまったくすみは、 肌全体が黒ずみや茶色っぽいように見えてしまいます。

ポイント

紫外線対策を充分にしないままでいる、 紫外線を必要以上にわざと浴びているといったことを続けていると、とても危険です。 シミやくすみの原因となるメラニンは、紫外線中に含有されているB波によって生成されているのです。 紫外線はメラニンを生成するだけでは終わりません。 皮膚細胞の遺伝子を破壊する、皮膚を酸化させて錆びさせるなどの恐ろしい力を持っているのです。

皮膚の根本を崩してしまいハリが失われる
気になるハリ

他にも、角質のターンオーバーを遅らせてしまうことにより、古い角質が剥がれ落ちずに角質が蓄積されてるといった事態もあります。 これらのことが、結果的にくすみを引き起こす原因となるのです。 紫外線中に含まれるA波は、皮膚の奥にある真皮にまで届いてしまいます。 真皮にはコラーゲンやエラスチンと呼ばれる物質が存在し、それらも壊してしまうことがあります。 それは皮膚の根本を崩してしまい、ハリが失われます。 ハリが失われるゆえに、たるみも引き起こされてしまうのです。

それだけでなく、皮膚表面が凸凹した状態になってしまいます。 ツルツルとした肌が失われるだけでなく、くすみの原因にもなります。 紫外線によるくすみ対策が必要なのは理解できたでしょう。 紫外線対策は日差しの強い夏場だけでなく、1年間通して行うことが大事です。 日焼け止めを毎日つけて、こまめに塗り直しをしましょう。 紫外線が強い時間は外出を避け、もし外出するとしても 日傘や帽子を用いるなどの徹底的な紫外線対策が必要となります。

効率的なくすみの対策方法の基礎的知識