食生活を正しく摂取することもくすみ対策につながることを理解しましょう

サイトマップ

トップバナー

食生活と睡眠

身体を冷やす食品は避けた方が無難

食生活を正すことは、くすみの発生を抑えることに繋がります。 食生活は全ての源といっても過言ではありません。 身体のバランスを整えるのはもちろん肌の栄養源になるのです。 つまり、バランスが良い食生活がくすみ対策になるのです。

くすみが無いキレイな肌を目指すのでしたら、まずは身体を冷やす食品は避けた方が無難でしょう。 ニンニクや味噌、ナスなどはその代表例と言えるかもしれません。 くすみの原因は血行不良なのですが、それは低体温から来ているともいわれています。 つまり、果物や生野菜といった体温を下げてしまう食品はできるだけ控えた方が良いかもしれません。 身体を温めるような食べ物を中心に摂取をこころがけ、栄養分もビタミンB群、C、Eなどの栄養素が 含まれている食品を摂取するよよいでしょう。

香辛料を上手に取り入れることもお勧め

また香辛料を上手に取り入れることをお勧めします。 冬の時期なら、お鍋などが理想的かもしれません。 血行不良が原因でのくすみは、顔色が悪くて不健康な感じになることが多いです。 しかも、せっかく摂った栄養分が血行不良のために、充分に身体のすみずみまで行き渡らなくなることがあります。

そうなると、更にくすみが出てきてしまうことになります。 そういったくすみ対策は、身体を温める、マッサージをする、きちんとした食事で栄養を摂取するなどが挙げられます。 これには鉄分が効果的だと思います。 疲れが原因で新陳代謝が低下している場合、ビタミンB1を摂取して疲労物質を取り除くようにしてみましょう。 くすみ対策に効果的らしいので、よかったら試してみてください。

睡眠

眠るということは、身体にとってとても重要です。 しっかりと眠ることは、くすみ対策に繋がるのはもちろんのこと、 肌や身体全体を正常な状態にする、保つために必要なことです。 お肌は睡眠中に作られていまして、眠ることによって新陳代謝を高めることが可能になり、肌を新しく生成してくれるのです。

ポイント

「ターンオーバー」と言う言葉を知っていますか。 ターンオーバーとは、肌が定期的に生まれ変わる周期のことをいいます。 通常肌は28日周期でターンオーバーされていると言われています。 この時に、新しい肌が肌の内側から古い肌を押し出していきます。 古い肌は、垢として身体の外に排出されて剥がれ落ちるといった仕組みになっています。 ターンオーバーは、眠っている時に行われています。

新しい肌を生成してくれる成長ホルモン
しっかり睡眠

つまりは、睡眠不足ですとターンオーバーができない状態となります。 もし睡眠不足が続いてしまうと、古い角質が剥がれ落ちないで残ってしまうこととなります。 その角質が溜まって行くと、硬く厚くなってしまい、カサカサの乾燥になります。 これが原因で、くすみやたるみ、シミ、ハリ、透明感が失われた肌へと変貌してしまいます。 新しい肌を生成してくれる成長ホルモンというものは、眠っている間に分泌されています。

眠って3時間位経った辺りが熟睡している時間だそうで、この時に成長ホルモンの分泌もピークになるそうです。 その後は眠りも浅い状態になり、同時に成長ホルモン分泌も減少していきます。 つまり、成長ホルモンは肌にとっても重要なものなのです。 その成長ホルモンをたくさん分泌させて、効果的に機能させてあげる為には、睡眠は大切なことだというのがわかると思います。 たまに、「午後10時から午前2時の睡眠時間は、お肌の為にとても良い時間帯」と言われています。 くすみ対策の為にも、睡眠をきちんと取ってあげることが大切ですね。

効率的なくすみの対策方法の基礎的知識