古い角質や老廃物を除去する方法もあることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

ケミカルピーリングとクレンジング

エステや皮膚科で受けることが可能

ケミカルピーリングというのをご存知ですか。 くすみ対策ができるといわれているものでして、皮膚に古い角質を剥がしてくれる様な成分を塗り、肌の表面を新しい物にするといったものです。 エステや皮膚科で受けることが可能だそうです。

にきび、くすみ、シミ、毛穴の詰まりなどの改善は、ケミカルピーリングによって改善すると言われています。 皮膚表面に蓄積している古い角質を取り除くことによって、肌のターンオーバーが促進されて正常な状態に戻ります。 すると、くすみが無い透明感の高い肌を取り戻すことができるそうです。

行った後のケアがとても重要

詳しく言いますと、グリコール酸と呼ばれる物を使用して古い角質、老廃物などを溶かしていく方法です。 これは日本人の肌に合った、マイルドな具合のケミカルピーリングとなっています。 この方法によって、肌のくすみ、ざらつきが改善されて行くといった対策方法です。 ケミカルピーリングは、行った後のケアがとても重要になります。 その後のスキンケアを怠って放置すると、良くありません。

ケミカルピーリングを行った後の肌は、古い角質が溶かされているゆえに皮膚がとても薄い状態となっています。 紫外線の影響が、通常よりも大きくなっている状態なのです。 そのため、紫外線を浴びるとくすみやシミなどが今までより悪くなる ことが考えられます。より一層の紫外線対策が必要となってくるのです。 それに、ケミカルピーリングは1回だけで終了ではありません。 肌のターンオーバーに合わせ、10日間隔位で6~7回位行うと良い結果に繋がるそうです。

クレンジング

クレンジングというものは、くすみ対策にはとても大切なものです。 その日の汚れや皮脂をクレンジングでしっかりと落とすことによって、くすみの発生を防ぐことに繋がるのです。 メイクをするということは、肌への埃やゴミ等の様々な汚れから守ることになります。 けれども、化粧品に含まれている脂分、皮脂などが酸化することによって、それらがくすみの原因になることも少なくありません。

ポイント

その為にとても大切なのが、帰宅したらすぐにクレンジングをしてお化粧をきちんと落とすことです。 すすぎもしっかりとし、クレンジングが残らないように気をつけましょう。 ありがちなのが、お化粧をしたまま寝てしまうこと、 シート状のクレンジングで拭くだけで終わらせてしまうことです。

10年後に大きな差が出てしまう
正しいクレンジング

これらは、後々のくすみへと繋がる重要なものとなります。 若い時は新陳代謝が活発で肌細胞の交換も頻繁に行われているので、くすみには気づきにくいでしょう。 けれども、10年後に大きな差が出てしまうということが良く見られます。 もしクレンジングを選ぶ場合は、脂分が少なめのタイプのクレンジングをお勧めします。 クレンジングでお化粧を浮かせ、残りのお化粧や皮脂汚れは洗顔で充分に洗い流す方法が一般的でして良いとされています。

毛穴を開かせ汚れを取り除くことをしたら、必ず毛穴を引き締める事も忘れずにしてあげましょう。 毛穴を引き締めるスキンケア用品はたくさん販売されていますので、自分にあったものを探し出して下さい。 洗顔後にマッサージクリームなどを使って、肌のマッサージをしてあげると血行がよくなると思います。 こうしたスキンケアを2~3ヶ月は続けましょう。 ちょっと長いと思われるかもしれませんが、その代わりくすみの改善が手に取るようにわかると思いますよ。

効率的なくすみの対策方法の基礎的知識