身体の内側からの対策が必要であることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

くすみ対策とシミ対策について

対策をすることによって今よりも状態を改善できる

肌にシミやくすみを見つけたら、女性はとてもショックですよね。 とても大変なことです。 鏡を見てシミを見つけた時の、あのショックはなんともいえないものがあります。 顔色が悪いと思っていただけなのが実はくすみだった、というのに気づいた時も同様です。 シミを消してくれるような、消しゴムの様な物があったらどんなによいかと思いますよね。

既にできてしまているシミというのは、完全に消すことは困難です。 ですが、シミ対策やくすみ対策をすることによって、今よりも状態を改善することはできます。 まずは正しいスキンケアやシミやくすみについてを、きちんと知ることが大事ですね。 では、シミができる原因が何かしっていますか。 これは多くの方が知ってると思いますが、紫外線がシミの主な原因となります。

老化だけがくすみの原因ではない

紫外線を防げば、シミやくすみ対策になるのではないかと思う方がいるかもしれません。 確かに、焼け止めを使ったりUV化粧品を使ったりするのは大きな対策のひとつです。 けれども、化粧品を使うといった方法だけでは、シミやくすみが無い肌にはなれません。 化粧品は肌表面を覆い、取り繕っているだけにすぎません。 シミやくすみを根本的に改善したいというのでしたら、やはり身体の内側からの対策が必要になってきます。

食生活、生活習慣、ストレス解消、血行不良など、身体の中から綺麗にしていく様々な改善が必要となります。 人間の身体の細胞は、夜になると活発化して新陳代謝をスムーズにしてくれ働きがあります。 つまり、夜更かしで寝不足になってしまうと、細胞の活性化を妨げているということになるのです。 こういった生活の乱れは、一番の原因ではないでしょうか。 表面だけでなく、身体の内側からもケアしてシミやくすみが無い綺麗な肌を作っていきましょう。

くすみを起こしてしまう原因

紫外線や血行不良は、くすみの原因といわれています。 くすみ対策を行いたいのでしたら、やはりくすみのメカニズムを正しく理解することが先決でしょう。 そうすることで、より良い効果的な方法が見つかるのではないでしょか。 肌への刺激が影響するのですが、その影響を及ぼすのが紫外線です。 紫外線によってメラノサイトという物質が刺激を受けてしまい、この段階でメラニンが作られてしまいます。

ポイント

たった1度の刺激によって、メラニンの生成が2週間程度続くらしいので驚きです。 若い時は新陳代謝が活発ですから、メラニンがたくさん作り出されたとしても大きな影響はありません。 新しい細胞と入れ替わってくれるので安心です。 けれども、年齢を重ねるとそうはいきません。 新陳代謝の衰えによって、肌細胞の代謝が活発化に行われなくなってしまうのです。

シミは紫外線があたることで色が濃くなる
シミ

肌細胞が代謝されずにいると、どういったことが起こるのでしょうか。 それは、メラニンなどの古い細胞が剥がれ落ちることなく、肌の外側へ押し出されて留まってしまうのです。 これがシミと呼ばれるものになります。 このシミは、紫外線があたることによって色が濃くなり目立つ様になります。 つまり、対策をしないで放置していると大変なことになっていくのです。

シミができると同時に、肌の色も徐々にくすんできます。 年を重ねることによって血行不良や新陳代謝の衰えが進んでいき、 細胞のそれぞれにきちんと栄養が行き届かないようになってきます。 そうなることによって、新しい細胞が出来にくくなっていきます。 もしシミが無いのに肌がくすんでみえるというのでしたら、肌の水分量が足りないという原因も考えられます。 こういった加齢が原因となる新陳代謝の衰えからくるシミやくすみは、どうしても防ぎにくいものです。 日々の積み重ねでできるものなので改善が難しく、原因と同じく日々の積み重ねで対策をすることが大事になってきます。

効率的なくすみの対策方法の基礎的知識