正しい使い方で効果が発揮されることを学びましょう

サイトマップ

トップバナー

シミ・くすみ対策、化粧品の正しい使い方

化粧品は正しく使わないと意味がない

化粧品は、正しく使うことで効果が発揮されます。 逆を言いますと、正しく使わないと意味がありません。 正しく化粧品を使えている人はどのくらいいるのでしょうか。 毎日のことだからこそ、手抜きをすると良くありません。 お肌のお手入れは、日々の積み重ねなのです。

メイクをしていない日に洗顔だけで済ませるのは危険

日ごろのスキンケアを振り返ってみましょう。 まずは洗顔ですね。 実は洗顔でお肌の調子が決まるほど、洗顔は重要です。 メイクをした日はメイク落としのためにクレンジングをしているでしょうが、では、メイクをしない日はどうしていますか? 実は、メイクをしていないからといって洗顔だけですませるのはよくないのです。

メイクをしていない日に洗顔だけで済ませるというのは、肌をくすませてしまう原因になります。 ホコリや外気、そして皮脂は目には見えていませんが、時間と共に徐々にたまっているのです。 クレンジングはメイクを落とすためだけのものではありません。 ノーメイクで過ごした日でも、クレンジングをするようにしましょう。 クレンジングの後、たっぷりの泡で洗顔をしてあげると良いです。

基礎化粧品

ポイント

夏はべたつくから化粧水だけで良い、 冬は乾燥してるからクリームや美容液を最初に付ける。 これはとても大きな勘違いです。 洗顔後とうのは汚れが落ちていますが、同時に水分も落ちています。 洗顔後は濡れているから気づきにくいかもしれませんが、たっぷりの化粧水で乾いた肌を潤してあげましょう。 水は放っておくと蒸発してしまいます。 お肌も同じでして、化粧水だけでは蒸発してしまいます。 化粧水で水分補給をした後は、乳液で蓋をして閉じ込めて保湿してあげましょう。

クリームや美容液で保湿してあげると効果的
乳液

乳液でフタをすることによって、蒸発を防ぎ乾燥しなくなります。 目元や口の周りなどの乾燥がとても気になる部分には、さらにクリームや美容液で保湿してあげると効果的です。 美白コスメや基礎化粧品を使う場合も同様でして、 ワンステップずつゆっくり、お肌に効果的な成分をきちんとしみ込ませてあげましょう。 正しい化粧品の使い方が、シミやくすみ対策にも繋がります。

効率的なくすみの対策方法の基礎的知識